FC2ブログ

パソコン電池交換

こんにちは
うしねくんです。

先日、高校時代の恩師からノートパソコンの調子が悪くなったとのヘルプメールが来ました。
この先生はもう80歳を過ぎていますが、今でも文章書きやメールなどパソコンを結構使っていらっしゃいます。頭だけは今でもまだまだお元気です

現象はというと、電源を入れても5~10回に一回ぐらいしか起動してこなくなったとのこと。
ノートパソコンには駆動用のバッテリー電池もついていますが、ほとんどのパソコンにはボタンタイプの電池も内蔵されています。パソコンはこの電池で内臓時計を動かしたりしているので、一般的にこの電池の出力が弱くなると、パソコンが起動後にパソコンの日時が初期状態になり、起動するたびに時間合わせがひつようになってくることが多いものですが、この機種は調べてみると内臓電池が消耗してくると、BIOS(パソコンの起動用のソフト)すら起動してこないらしい。

老後の楽しみのパソコンが使えないのも気の毒なのでさっそく預かってきて、交換にチャレンジ

電池交換方法もインターネットで調べることができたので、事前に手順を印刷。
なんとこの機種の内臓電池はノートパソコンをすべてばらした奥底にあるらしいので、まず解体作業から。
インターネット情報では作業に2時間程度かかるとあったので、時間がかかることを覚悟していざ作業

配線など組み立て時に間違わないように要所要所で写真を撮りながら慎重に解体を進める。
s_IMG_1077.jpg
s_IMG_1080.jpg
s_IMG_1111.jpg

ついに最後のマザーボードまで外したらやっと内臓電池発見。
s_IMG_1113.jpg

コンビニで買った200円の電池と交換。
s_IMG_1115.jpg

今度は解体の逆の手順で組み立て

やっと元に戻り、少しドキドキしながら電源ON。
おおっ!起動してきた。
よかった、よかった

s_IMG_1121.jpg

結局、電池交換だけは1分もかからなかったですが、解体→電池交換→組み立てまで4時間ぐらいかかってしまいまました。

この機種の裏蓋の一部は開けやすくなっていて、そこにはメモリーが格納されていて、メモリーの交換は容易にできるようになっています。
しかし長く使っていくと交換の可能性のあるのは、メモリーより消耗品の電池のほうではないかと思うので、電池の方が交換しやすいところにあるべきではないかと思うんですけど。
パソコン設計時にそのまで使う人のことを考慮していないのでしょう

私たちも日々の仕事の中で、どこまでお客様を思いやる気持ちを込めて仕事できているだろうかと改めて考えさせらる出来事でした。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゆくさきやした
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR