FC2ブログ

小学校の給食試食会

こんにちは、マリマリです。

先日、小学校の給食試食会に参加しました。
子供の給食を知るって大事だなぁ~と気付きの機会でした。
この小学校は、栄養教諭は不在です。
しかし、3名の調理技師さん達が、郷土料理を組み込みながら
「毎月8日はカミカミ給食/毎月19日は食育メニュー」と子供の為に
いろんな給食パフォーマンスを考えながら、栄養バランスは勿論のこと、
毎日手際よい給食を一生懸命おいしく作っていただてます。

献立は食育をテーマに、昔の給食を再現する目的で
年一回、【ふかし芋とガランツに牛乳とたくあん2枚】でした。


P1000176_R.jpg

しかし、気になるガランツ・・・。
(かなりローカルな料理名です。一般的な呼び名はメザシです。)
前日に、献立表を片手に・・・イワシの冷え臭さや内臓の苦みが
子供は食べられるのだろうか?と少し心配しましたが・・・、
やっぱりそこは、プロの調理技師さん。★さすがっ★
児童が少しでも食べやすいようにと
カリカリに素揚げしてあり、香ばしくおいしくいただけました。
子供達も普段は魚をあまり食べない傾向にあったり、食べても切り身。
一匹まるごと食べるという家庭は少ないのではないか?
という言葉がありました。ホント、そうですね~。
でも、教室で給食を食べる姿を見学すると
普段食べ慣れない子も、食べる子の姿を見て果敢に?!チャレンジしてました。
最初は魚が苦手な子も、友達がおいしいと食べている姿を見て、渋々口にする。
食べてみると結構おいしい。要するに食わず嫌いなだけ。
なんだか、ホッとしました。
(我が子は頂きます直後、いきなりガランツにかぶりついてました!魚好きです)

芋は、安納芋で大きさは手のひら大。こんな大きな安納芋は初めてでした。
とっても甘くて、最高  
しか~し・・・ふと我に返り、現実の毎日の中で・・・私も魚は切り身の事が多い
エコ(ゴミ資源)も考えないとイケナイし、仕事終わってからの
夕飯支度のバタバタもあるし、でも、食の伝統等、基礎知識は伝えていかなければならない。
大変だけど、子供のうちに伝えておかなければならない大事な一時であることも事実。
もう少し、頑張ろうと自分に言い聞かせました。

発見(勉強になった事)!
普段管理してる帳簿(給食日誌や衛生管理関係の日誌)も見せていただきました。
特に衛生管理の記録に、食材が納品されてから保管、調理、配膳に至までの
導線の記録まで色鉛筆できちんと色分けされて管理されていた事にビックリしました。
給食技師さん、毎日おいしい給食をありがとうございます。
安心しました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゆくさきやした
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR