FC2ブログ

~桜島の噴火~

こんにちわ~
鹿児島出身、東京在住のコメです。

今年も8月も半ばを過ぎ。すぐに2016年がやってきそうですね(; ・`д・´)

今年は戦後70年の節目の年で改めて平和の有難さを実感しますね。
 ビール飲みながら高校球児に涙して、ほんと実感しました・・

鹿児島には
薩摩半島の知覧(陸軍の特攻基地跡)に 知覧特攻平和会館 
大隅半島の鹿屋(海軍の特攻基地跡)に 鹿屋航空基地史料館

がそれぞれあります。鹿児島にお越しの際は是非、足をお運びください。
どちらも近場の温泉もお奨めです

と、、平和は人間の知恵で何とか維持できるかもですが
自然災害ばかりは事前事後策を講じるしかないですね

最近、桜島の噴火警報がレベル4になり
東京の友人に「大丈夫?」 と心配されますが

毎日の噴火に慣れている鹿児島の親、親戚、友人、知人は落ち着いたもんです(笑)

ただ、中には今から101年前の桜島大正大噴火の再来を心配する声も・・・

大正大噴火は1914年の正月に起こった死者58名の大噴火で
この噴火で桜島と大隅半島が陸続きになりました。

黒神埋没鳥居が有名ですね。黒神埋没鳥居

こちらは上記の鹿屋航空基地史料館に行く途中に寄れるので噴火が落ち着いたら是非!

後はこの東桜島小学校にある「桜島爆発記念碑」もご紹介しておきます。
桜島

以下抜粋
「本島の爆発は古来歴史に照らし、
後日復亦免れざるは必然のことなるべし。
住民は理論に信頼せず、異変を認知する時は、
未然に避難の用意、尤も肝要とし、
平素勤倹、産を治め、何時変災に遭うも
路頭に迷はざる覚悟なかるべからず。」


現代語訳
桜島の爆発は、歴史に照らして明らかなように
将来も免れることはできない。
住民は理論を信頼せず(理論だけに頼らず)、異変に気づいたら
噴火が起きる前に避難の用意をすることが肝要である。
日頃から倹約に勤めて資産を蓄え、いつ災害に巻き込まれても
路頭に迷うことがないよう覚悟すべきである


φ(..)メモメモ。
「科学不信の碑」として知られますが、不信というより
何事も過信をしないようにって事ですね!

岩手の大津浪記念碑もそうですが先人の残した言葉は大切にしたいですね。

鹿児島の方のその他の地域の方も日頃かしっかり災害には備えましょう~
備えて何もなければそれで(笑)

残暑が続きますが皆様お身体を大切にー
 ではまた!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゆくさきやした
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR