FC2ブログ

ぎ・も・ん

みなさま、こんにちは。マリマリです。

子供の疑問
幼児期の頃はのナゼ?はかわいかったけど…
最近は我が家の子のナゼ?も年齢と共に高度化してきました。
回答に戸惑います。

週末のナゼ?は、運転中の車の中での質問でした。
ナゼ、病気はかかるっていうのに、風邪はひくなの?
熱が“ひいた”は、治ってきた時に“ひく・ひいた”という言葉の使い方をする。
これって、良い方向になる時に使ってると思うんだけど…
風邪を“ひく”ことは、悪くなるほうだよね~。
ねぇ、どうして?
と聞かれました。正直、…うーむ悩む。  それで、インターネットで検索♪
便利な世の中です。
日本経済新聞の記事より(2013/1/15)一部抜粋し、勉強させていただきました。
ありがとうございます。

ひくのは風が運ぶ「邪気」

 かぜとは…
 国語辞典:明鏡国語辞典第2版・大修館書店より、「主にウイルスによって鼻・のど
 ・気管などがおかされる炎症性疾患の総称。
せき・くしゃみ・鼻水・鼻づまり ・発熱・頭痛などの症状があらわれる。感冒」

 ひとくちにかぜといっても症状は様々で、医師の中には、 
 かぜというのは病名ではないという人もいる。

日本語源大辞典(小学館)で「かぜの語源」を調べると、 “吹く風”と同じだった。
 それによると、古代中国で風は大気の動きであるとともに、
 人の肉体に何らかの影響を与える原因としても考えられていたという。
 このことから吹く風が運んでくる「邪気」を体の中に引き込んでしまうと、
 かぜという病になる
と考えられた。
 だから、「かぜをひく」というわけだ。

…だそうです。

さてさて、このナゼ?を抱えたまま、祖父母宅へ到着!
学校の社会の授業で薩摩の郷土料理“かるかん”について調べるというテーマが上がったそう。
かるかんといえば、鹿児島で和菓子店に売ってるのはよく見る光景。
でも、あまり自宅での“手作り”という感覚はないかも!と思い、
兄弟で、材料の仕入れからかるかんを手作り体験してみることにぃ。
ばあちゃんと作る前の材料・調理器具・作る順番を確かめてから、
近所のスーパーで、かるかん粉と長芋(本当は自然薯なんだけど)を買ってきて、
さぁ、頑張るぞ!と意気込んで作り始めた兄弟。 
大人の介入はほとんど無く、私の出番はフォロー程度。
結構やるもんです。
かるかん作り1_R

そして、じゃじゃーん♪
出来上がったタイミングで、じいちゃんが出先から帰宅。
ホカホカのかるかんを「おいしい、おいしい」とほおばるじいちゃん。
それを見て、兄弟はとっても満足。
かるかん_R

あったかいかるかんは、レンジでも味わえるのかも知れないけど、
やっぱり手作り、作りたてのホッカホカは、絶品です。

最後まで読んでくださったあなたさまに感謝です。ありがとうございました。








コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゆくさきやした
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR