FC2ブログ

~いろは歌~

鹿児島出身、東京在住のコメです。
今回よりブログを担当させて頂くことになりました。

以後、お見知りおきを(;´∀`)

さて、自分が名言とか歴史とか好きなのでその辺の事を綴っていきたいと思います。


鹿児島出身って事で初回はこの人
jissinnkou.jpg

島津忠良 別名 日新公(ジッシンコウ)


鹿児島の人でも意外と知らない人もいるのですが

鬼島津こと 島津義弘のおじいちゃんですね
まぁ詳細はwikipediaに任せて(笑)

この方はで一番有名なのは

 日新公いろは歌

いろは歌の頭文字毎に47首の歌でわかりやすく人生の知恵を説いてくれているやつですね。

近衛種家「老若を問わず、こころをとめて見れば、
     この47首のみで、善悪のことわざを知ることができる。
     教訓の手本となるべきものだ、道理を求るには、最高のもの。」

っても、自分は学校では学んだ記憶がありません・・勿体ない。。
最近の大河「八重の桜」で有名になった「ならぬことはならぬものです」の会津の「什の掟」は
現在も受け継がれているそうですが、こちらあまり・・・・
(会津と薩摩の教育制度は非常に似ていたそうです。偶然だけど、会津の藩校は日新館(*´з`))


さて、47首の詳細は「日新公いろは歌」でググってみてください(笑)
(自分もお気に入り以外は常にググってます)

今回は自分のお気に入りをいくつか紹介したいと思います。
(口語訳はコピペだったり、自分の主観もあるので参考までにw)

まずは名言好きとか歴史好きの自分がほんと肝に銘じなきゃと思うこれ。

「い」

いにしへの 道を聞きても唱へても
 わが行に せずばかひなし


(昔からの立派な教えてを聞いても、また口先で唱えても、
 自分で実行しなければ何の役に立たない)

いろは歌の一番バッターですね!意外とこれは有名?何事にも通用しそうです。


続いて、挫折しそうな時にこれ

「へ」

下手ぞとて 我とゆるすな 稽古だに
 つもらばちりも やまとことのは


(自分は下手だと卑下して努力を怠ってはならない。
 稽古を積めば少しづつ進歩して、遂には上手になれる。ちりも積もれば山となる)

山と言の葉 と 大和言の葉  の掛詞がオシャレ!


ストレスがたまりそうになったらこれ!

「つ」

つらしとて 恨かへすな 我れ人に 
 報い報いて はてしなき世ぞ


(自分がどんなにつらい目にあっても、それを恨んで仕返しをしてはならない。
 その報いはまた自分に帰ってくる 報いあっては,果てしがないではないか )

・・・ですよねー(笑)


なんだか自暴自棄になりそうなときは

「ら」

楽も苦も 時過ぎぬれば 跡もなし
 世に残る名を ただ思ふべし


(どんな人生の苦楽も、過ぎてしまえばそれまでであるけど、
 自分の行ってきたことはいつまでも残るものなので世の為人の為につくして、
 後世に名を残すように)

マクロ視点過ぎるww


そして、いろは歌のオオトリ!

「す」

少しきを 足れりとも知れ 満ちぬれば
 月もほどなく 十六夜の空


(少し足りないぐらいを満足とすべし。
 月も満月の次の十六夜の月は欠け始める。それがまた美しい)

十六夜・・・イザヨイ この響きだけでカッコイイ(笑)


とゆうわけで、ざっくり紹介してきましたが400年以上前の言葉ですが今も十分通用しますよね



地球の裏側まで一日で行けるようになって
文明というハードは進化しても、人間の心というソフトは変わらないのだとーと
思ったりします。ソフトメーカーの人間としては、いい加減ソフトも進化してもいい気もしますが(笑)

南さつま市には47首を石碑で綴った
「いにしへの道」
gocyu01.jpg

があるそうです。自分はすぐには行けないのでどなたか是非レポを←

最後は日新公の辞世の句で

「急ぐなよ 又とどまるな
 吾が心 定まる風の 吹かぬかぎりは」


うーん。。辞世もまたカッコイイ!急がず、とどまらずいきましょう!ではまた!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゆくさきやした
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR