FC2ブログ

~メラビアンの法則~

こんにちわ~
鹿児島出身、東京在住のコメです。
年末になり、だいぶ寒くなりましたね。
週末は大寒波だとか?
皆様くれぐれもご自愛ください。

さて、わたくしコメのブログでは過去

ポジティブ感情とネガティブ感情がおよそ3:1の比率で維持されることが重要
ロサダの法則

歳に比例して時間の感じ方は短くなる
ジャネーの法則

などをご紹介してまいりましたが、世の中にはほんと、色々な法則がありますね。
信じるか信じないかはあなた次第です(笑)の面はあるのですが
個人的には好きです。

今回、ご紹介するのはこの法則
メラビアンの法則


感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方は
言語情報7パーセント聴覚情報38パーセント視覚情報55パーセント
の割合 ってやつです。

wikiにもありますが、「見た目が一番重要」あるいは「話の内容よりも喋り方のテクニックが重要」とか、よく営業セミナー自己啓発等での使い方は間違いで、あくまでどちらともとれる情報の判断基準が上記の比率って事みたいですね。

例えば、皆さんが友人に「おまえバカだろ?」と言われたとき

「お前バカだろ?」(言語情報)
「ゆっくりふざけた優しい声で」(聴覚情報)
「笑顔で」(視覚情報)

といった感じだったら
皆さんはどう感じますか?
あんまり嫌な気はしないのではないのでしょうか?

しっかりの顔を合わせていれば伝えたい事はしっかり伝わることが多いと思います。
ただ、これが最近のSNS社会だと、どうしても言語情報しか伝わらない事が多いのかなと。

自分は友人からメールで上記の文が送られてきたらいい気持ちはしないですね。
(相手がどういったつもりか伝わらないのので)

「おまえバカだろ?(笑)」 お?(笑)つけると少し印象変わりますね(笑)

この話の怖いのは自分は文字情報だけでも、自分の真意は伝わるだろうと勘違いしがちだという事だと思います。
なので今の時代、SNSで情報を伝える時はしっかり気を付けないといけないと言う事ですね。

かく言う自分も最近ちょうど似たような失敗がありました。
顔を合わすことなく後輩にSNSで仕事を頼んだ時に文末に
「何かあれば相談してください」
と書いて送りました。自分としては
「些細な事でも気楽に相談してねー♪(^_^)」
↑的な意味で送ったのですが(笑)伝わるわけはないですよね( ;∀;)
後輩的に普段、顔を合わすことのない先輩に気楽に聞けるわけもなく
困らせてしまったようです。

これが面と向かっただとか、電話だったりするとまた少し違ったかもしれません。
便利なSNS社会だからこそ、言語情報の伝達には気を使いたいと思いました。

因みに弊社のサポートダイヤルをご利用頂いてる方も多いと思います。
電話では伝わるのは言語情報7パーセント聴覚情報38パーセントの
合計45パーセントだと考えると
お客様のへの対応は細心の注意を払わないといけないですね。

というわけで
今年もあとわずかとなりました。
この1年を振り返るとき,例年にも増して多かった災害のことは忘れられません。集中豪雨,地震,そして台風などによって多くの人の命が落とされ,また,それまでの生活の基盤を失いました。新聞やテレビを通して災害の様子を知り,また,後日幾つかの被災地を訪れて災害の状況を実際に見ましたが,自然の力は想像を絶するものでした。命を失った人々に追悼の意を表するとともに,被害を受けた人々が1日も早く元の生活を取り戻せるよう願っています。

・・・とすいせん、これはある方のおことばのまるパクリです(笑)
でも綺麗で無駄のないよい文章ですよね。

本年度も当ブログにお付き合い頂き誠にありがとうございました。

来年度も当ブログ、またカロリーシリーズをよろしくお願い致します。

2019年 平成31年 ○○元年? が 皆様にとって素晴らしい年でありますように


有馬記念
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゆくさきやした
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR