FC2ブログ

南さつま市へ

こんにちは。べしちゃんで~す!

夏休みを利用して薩摩半島の南西部、南さつま市に孫2人を含め3家族で1泊旅行しました。
南さつま市は2005年、加世田市、金峰町、大浦町、笠沙町、坊津町の5市町が合併して誕生しました。

①先ずは吹上浜海浜公園のプールからスタート。
 幼児も安全に過ごせるプールから50mプールまであります。
110プール○


②終戦間際、最後の特攻基地跡の「万世特攻平和祈念館」を訪ねました。
200ゼロ戦
わずか4か月間に201名の若き兵士が散っていきました。(ほとんどが鹿児島県外の出身です)



③宿泊は南さつま市が経営している「笠沙恵比寿」。
 全室が海(野間池港)に面し眺めは最高です。
 おいしい海の幸をいただきました。
300湾風景

310笠沙恵比寿パンフ
ホテルの敷地内には4つのテーマ「海と魚」「海とヨット」「海と自然」「海と船」の常設展示もありました。


夜は花火、翌朝はスイカ割、魚釣りを楽しみました。
320スイカ割

330釣り


この近辺で生まれ育った今給黎教子氏は、「海連」にて1991年10月~278日間、
1人でどこにも寄らず帆(セイル)の力だけで世界一周航海を成し遂げました。
350海連
「日本人女性初 単独無寄港世界一周航海」を成し遂げた時の人として、当時大きく報道されました。


④焼酎作りの伝承展示館「杜氏の里」に行き、とても分かりやすい説明を聞きました。
400いっどん
 写真の「いっどん」は予約抽選でないと手に入らない?!



⑤お昼は特大のエビフライが美味しい「越路浜食堂」でランチ。
910エビフライ②
 地元でとれる塩を使った塩ラーメンも大人気。


しっかり楽しんだ2日間でした。
 今回の旅は、宿泊先だけは予め手配していたものの、
 行った先々で地元に詳しい方に聞きながらの行動でしたが、、、かなり効率よく回れました。
 また、話には聞いていたけど、初めてといったところも多く新鮮でした。

 時間がないときは工夫次第では近場でも大いに楽しめるんだなぁと、改めて感じるところでした。


○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
~栄養管理ソフトのご検討はコチラから~
   トータル・ソフトウェア株式会社  HP:https://www.tsc-inc.co.jp/
~製品ごとの詳細はコチラから~
   病院向け「メディカロリー」    HP:https://www.tsc-inc.co.jp/medi/
   施設向け「プロカロリー」     HP:https://www.tsc-inc.co.jp/pro/
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○



ホキ美術館名品展

こんにちは、べしちゃんでーす。

2週遅れの投稿になりました。


さてゴールデンウィークも終わりましたが皆様いかが過ごされましたか?

旅行や家族サービス、文化やスポーツに満喫された方もおられるかと思います。

いやいやお仕事でそれどころではなかったという方も。。


私は「ホキ美術館名品展」が鹿児島に巡回展としてやってきましたので

連休中の4/29に1人でじっくりと見に行くことができました。



ホキ美術館とは?

千葉の医療用製品メーカー「ホギメディカル」の創業者 保木将夫氏が収集した

写実絵画を展示する日本初の写実絵画専門美術館です。



※残念ながらポスターや写真集をスマホで撮影した荒い画像で掲載しますので、

 解説のみでご理解いただき実物のイメージはご想像にお任せいたします。



案内ポスターの絵は

島村信之氏の「日差し」です。

p01 IMG_4913

見事に日差しがカーテン越しに当たっていてその光と薄い影の微妙な表現には

恐れ入りました。左手の手首のあたりの血管も分かるくらいの描写でした。



塩谷亮氏の「朝陽」 

p05 IMG_4916


髪の毛、服の微妙な凹凸の表現だけでなく

情感を感じさせる絵でした。



石黒賢一郎氏の「存在の在処(そんざいのありか)」

p02 IMG_4914

壁の画鋲でとめた絵も黒板のチョークで書いた文字も

絵の具で描いたとは思えないほどリアルです。

触りたくなりそうな絵でした。


五味文彦氏の「パンとレモン」

p03 IMG_4915

今回見た絵で一番見入った絵でした。

パンの乾いた質感、ガラスの透明な質感、レモンのみずみずしい質感

金属の質感、レースの編みこんだ質感、、、

それぞれが信じられないくらいの表現でした。



他にも風景画、動物、人物、木や花などの写実絵画が展示されていました。

驚きの連続でした!



ぜひ、機会がありましたらホキ美術館の写実絵画の世界に触れてみられては?!






北陸 能登の旅

こんにちは、今週の担当 べしちゃんです!

今回は11/23-25、北陸地方(福井県・石川県)への社員旅行のご報告です!

急に全国的に寒波が舞い降りてきて、
寒いのを覚悟で鹿児島→東京→金沢へ向かいました。




新幹線「かがやき」の中で先ずは腹ごしらえ。
弊社管理栄養士さんお奨めの「30品目バランス弁当」を食べました!
010p.jpg



金沢駅を出てすぐ高さ13.7mの鼓門(つづみもん)の前で。
金沢は昔から能楽が愛されていたとか。。
020p.jpg


中型バスで先ずは福井県へ。
030p.jpg


○○で有名な「東尋坊(とうじんぼう)」
風も強く飛ばされて落ちそうでした
040p.jpg

041p.jpg

042p.jpg

ちょっと合間に いか焼きと日本酒を。。(*^_^*)
044p.jpg

046p.jpg


2日目、出家道場として有名な「永平寺」へ。
この日も130名ほどの修行層が生活しているとの事でした。
050p.jpg


傘松閣。156畳敷きの部屋の天井には見事な色彩画が230枚。
鯉の絵2枚、唐獅子の絵2枚、リスの絵1枚を見つけると縁起がいいとか。。
052p.jpg

054p.jpg


山の斜面にあるため長~い階段もすごい!
056p.jpg


058p.jpg  059p.jpg


毎年NHKのゆく年くる年で除夜の鐘が放映される鐘楼があった!!
060p.jpg


金沢へ向かう途中で「御菓子城加賀藩」へ。
070p.jpg

めずらしいお菓子が一杯
072p.jpg



やっと来れた日本3大庭園のひとつ「兼六園」
きれいに雪つりが施されていました。
074p.jpg

076p_20171201112904ebf.jpg  078p.jpg


「ひがし茶屋街」へ。
出格子の風情あるお茶屋が軒を並べる観光名所です。
080p.jpg

日本酒を試飲できるお店へ。
084p.jpg

ここでしか味わえない数種類のお酒を回し飲み(#^.^#)
086p.jpg

金箔をかぶせてアイスをがぶり。
088p.jpg

居合わせた、愛知からのお客さんでしたぁ(*゚ェ゚*)
090p.jpg


最後の夜は「忘年会」を兼ねて楽しみました。
「七尾」で宿泊。
0100p.jpg



3日目、「輪島の朝市」へ。
0110p.jpg

0112p.jpg


おばちゃん手作りの「お守りわらじ」を買いました!
0116p.jpg


輪島といったらやっぱり「輪島塗」です。
数百万の家具から、数百円の箸置きまで。。。
0120p.jpg

0124p.jpg



最後は予定に無かった
「松井秀樹ベースボールミュージアム」へ。
等身大の腕と握手!
0130p.jpg

0132p.jpg



数々の表彰の品は1枚の写真に収まりません。
0136p.jpg

0138p.jpg


という3日間でした。
天気は雨が降ったり止んだりの繰り返しでしたが、
あまり行く機会のない北陸の地を愉しく味わうことができましたぁぁ!!!


道後温泉

こんにちは。べしちゃんです!
今回の話題は愛媛県松山市の道後温泉です(^-^)/

先ずは市街地を走るチンチン電車で道後温泉まで。。。
 (仕事の合間に?! ホントですよー#^.^# )
I010.jpg

駅の横には「坊ちゃん電車」が展示。
普通の電車の合間に1日数回運行されます。
I020.jpg

すぐ近くには、ハイカラ通りという商店街。
I030.jpg

夜の道後温泉本館の正面から。
I050.jpg
明治27年に神の湯本館が建造され、時代を経ながら
増築され、現在の姿になったそうです。 
1994年、国の重要文化財に指定。
戦後より松山市が管理し、周りのホテルなどへもお湯を
供給しているそうです。


右斜めから。。
I060.jpg

翌朝の本館です。
I070.jpg


勇壮な建造物です!
3層楼(3階建)で、その上に塔屋が乗っかっているので
4階建といった感じです。
ジブリの『千 と千尋の神隠し』の湯屋のモデルにもなったとか。
I160.jpg
この時代に木造3階建以上の建物が
長年残されているのに驚きです。


I090.jpg
入館すると、壁には入浴の注意事項がイラストで。
 

中は東と西に分かれてふろ場がありました。
I110.jpg


2階は休憩室になっています。
別料金ですがお茶とお菓子が出るそうです。
I120.jpg
(これは壁にあった写真です)


夏場の温泉は、とにかく暑いです。
玄関口にはミストを噴霧する扇風機が(^-^)/
I130.jpg

玄関前には人力車が待機。
この暑さの中では冷房は効かないし。。。。(^^;)
I140.jpg


近くには「坊ちゃん広場」が。
I150.jpg
ここで軽く一杯といきたいところですが、、、、、


道後温泉所感:
  地元の人に聞いたら、めったに道後温泉には入らずに
  たくさんあるスーパー銭湯に行くそうです。
  理由は、値段や手軽さ、冷暖房、設備などの違いだそうです。
   
  私は鹿児島人で、温泉そのものは、めずらしくありませんが、、、
   歴史を感じる建物内でゆったりと温泉につかる。
   この価値観は大きいと思いました!
  

  機会がございましたら、ぜひ一度は行ってみてください!!!
  
  食べ物では鯛めしが美味しかったです。
  ホテルでは、蛇口からジュースが出てきましたよ(^∇^)ノ

宮崎~大隅半島

こんにちは、べしちゃんで~す。

ちょっと前の昨年12月初旬、宮崎県の綾、日南、鹿児島県の志布志、串良、鹿屋方面へのバス旅行の話です。

近場の旅行でしたがなかなか新鮮な出会いがあったのでご紹介まで。

①バス旅行といえば車中の飲食(〃▽〃)
0100_20170226130219cfe.png


②綾(あや)の渓谷にかかった吊り橋。 上からの眺めはこわい(゚д゚)
0200.png  0300.png

③綾町の山間部でピザづくりを体験\(^o^)/
 紙に生地をおいて思い思いに楽しくトッピング!
0400.png

0500_20170226130221a65.png

まだかなぁ~ 待つこと小一時間
待ち時間に館長から食育の話が。。。
0600_201702261302215bf.png


出来上がり~ p(*^-^*)q
0700.png

④日南に宿泊し、翌日は少し南下した油津(あぶらつ)へ
 油津は戦前、東洋一と言われるくらいのまぐろ漁港だった。
 山から切り出した飫肥杉(おびすぎ)を製材して輸出もしていた。
 かつては、とっても賑やかな街だったと。
0870.png


 
当時(s7建造)の面影を残した杉村金物店を見学した。
0860.png

木造3階建て。 壁は銅板張り。
1700.png

建物の奥にはレンガ造りの倉庫も残ってた。
レンガ



<薪用のかまど>             <体重計>
0900.png   1100.png

<おまる>
1200.png

<火鉢>
1300.png

<昔の鍵がいっぱい>
1400.png

<焼きごて>
1500.png



⑤戦時中のなごり
第二次世界大戦の末期、沖縄戦の次は南九州へ上陸の恐怖!
最後の手段で特攻隊の出撃となった。
ここ大隅半島の串良にも特攻基地あり、秘密基地ありで驚いた。

<地下の通信基地>
こんもりとした地下基地への入り口
1900.png

急角度の階段(°_°)の先には。。。
2000.png

地下

2200.png


⑥最後は垂水市の千本イチョウ園へ
2400.png


フェリーで桜島を眺めながら鹿児島への帰路に就く。
2600.png





おしまい! と言いたいところ。。。

本日2/26、ウォーキング中に満開の河津桜発見!!  
      春がもうすぐそこに\(^o^)/
IMG_3628.png
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゆくさきやした
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR