FC2ブログ

関西ぶらり

こんにちは コテツです(^^)

先日、会社のリフレッシュ休暇を利用させていただいてm(__)m
関西をぶら~り♪してきました。

なんといっても関西は見どころ多し!
今回は主に「奈良」をの~んびり回りましたので、
ちょっとだけご紹介です。

<奈良>
興福寺
 ①1興福寺

 あの有名な「阿修羅」のあるお寺です。
 ①2阿修羅

 以前に(平成21年頃??)、福岡の「九州国立博物館」に来た阿修羅像を見に行った時は、
 ものすご――い人・人・人…でしたが、
 今回は、ゆ~~くり見ることができました(*^-^*)

 奈良といったら「鹿」
 ①3鹿
 慣れないと、街中に鹿がいる!!??のは不思議な感じですが
 かわいかったです(^^)

東大寺
 超!有名な東大寺ですね。
 ②1東大寺

 東大寺南大門の金剛力士像は、運慶・快慶作♪
 ものすごい迫力でした!
 ②2金剛力士像

 東大寺の中は、修学旅行や遠足の子供たちでいっぱい!!
 ②3東大寺2

 大仏さまは、やはり圧倒的な大きさです。
  座高(像の高さ)14m73cm
  重さ約250トン
 ②4大仏
 う~~ん、見た感じはもっと大きく感じます♪(^^)

橿原神宮
 今回は特別に、奥の方へ入らせていただきました(^^)
 神主さんにお祓いしていただいて、巫女さんにお神酒をいただいて…
 すがすがしい空間で、きれいな鳥のさえずりが…♪♪^^
 ③1橿原神宮

 おお~きな干支の絵馬もありました。
 ③2絵馬

飛鳥寺
 日本で一番古い!飛鳥時代の仏像があるお寺
 ④1飛鳥寺

 飛鳥大仏さまは、お写真を撮っても良いとのことで
 ありがたく撮らせていただきました。
 ちょっとお顔の雰囲気が個性的な感じ♪
 ④2飛鳥大仏

 1400年!!! 
 ④3飛鳥1400年

法隆寺
 おおー!ここがかの有名な法隆寺
 ⑤1法隆寺

 かわいい龍(?)にお迎えいただきました。
 ⑤2龍

 中はもちろん、国宝がいっぱいでした。
 修学旅行や遠足の子供たちも、たくさん(^^)
 ⑤3法隆寺塔

長谷寺
 山の斜面にある長谷寺
 階段をず~っと上っていきます。
 ⑥1長谷寺階段
 ⑥2長谷寺下

 長谷寺は、花のお寺として有名だそうです。
 今回は、花(桜やぼたん)や紅葉とはちょっと季節があいませんでしたが、
 階段を上った先に、見晴らしの良い舞台があって
 ステキな景色で とても落ち着くお寺でした(^^)
 ⑥3長谷寺塔

當麻寺(たいまでら)
 まず、駅に降りたらおいしいお団子(?)
 よもぎのお餅にたっぷりあんこ&煎茶♪
 とってもおいしい♪でした。(なんとお値段300円!)
 ⑦1団子

 お寺に向かう道で、お神輿に
 ⑦2當麻だんじり
 たまたま「當麻だんじり」の日でラッキーでした。
 ⑦3當麻寺
 當麻寺は、古い静かなお寺で、綴織の當麻曼荼羅(たいままんだら)で有名なお寺だそうです。
 (↓これは絵はがき??をパシャリ。縦横4メートルくらいある織物だそうです。他に仏像もいろいろ)
 ⑦4當麻曼荼羅

 東塔と西塔の三重塔は、両方国宝!!なのはこちらのお寺だけだそうです。
 (2つの塔は時代が違うそうです。ちょっとぼやけた写真でごめんなさい…)
 ⑦5當麻寺塔

 こちらは、写仏(写経ではなく)ができるそうで、初めて挑戦!
 ⑦6當麻寺写仏
 なかなか難しいでしたが、ゆ~っくり丁寧な時間を過ごすことができました(*^-^*)
 おススメです

<大阪>
 大阪もちょっとだけ(^^)
大阪城
 初大阪城!
 ⑧1大阪城
 でっか~~~い!石にびっくり
 ⑧2大阪城石

あべのハルカス
 ⑧3大阪あべのハルカス
 近くで写真は撮り忘れたので、遠くからの写真。
 右下の高~い、白い塔があべのハルカスです。
 白い月と一緒に、朝日の中で光っています(^^)


 奈良・京都は、どこに行っても国宝がいっぱい!!
 ず~~~っと大切にしてきた♪たくさんの方々に本当に感謝です
 また、行けたらいいなぁ。
 もう少し歴史を勉強しなくっちゃね!(*^-^*)

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
~栄養管理ソフトのご検討はコチラから~
   トータル・ソフトウェア株式会社  HP:https://www.tsc-inc.co.jp/
~製品ごとの詳細はコチラから~
   病院向け「メディカロリー」    HP:https://www.tsc-inc.co.jp/medi/
   施設向け「プロカロリー」     HP:https://www.tsc-inc.co.jp/pro/
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

鹿児島ユナイテッドFC☆J2昇格おめでとう!!!

こんにちは コテツです

行ってきましたよ~!
サッカー「鹿児島ユナイテッドFC」の
【J2】昇格をかけた試合(^u^)


日曜(11/25)の朝、朝刊↓を見て 「お-、行くぞ!」
①行っどJ2

会場近く↓ いつになく人が多いです。
②テント

当日券を買って入場
対戦相手は、「アスルクラロ沼津」 強いチームです。
(たしか、まだ勝ってない…??)
③キックオフタイム

バックスタンドもお客さんがいっぱい! 
【UP to J2】 で盛り上がります(^^)
④UPtoJ2

いよいよ キックオフ
⑤整列

天気は最高♪ 桜島もきれいですね~(^.^)
⑥プレ―前半

前半は0-0で終了
⑦前半終了ボード

来場者数「10,916名!!」 鹿児島では、最高に多いです 
⑧来場者数

いよいよ後半、頑張れ~!
⑨プレー

後半の74分 中原秀人(ナカハラ シュート)選手が
ゴーーーーーール
⑩歓喜
観客総立ちで大喜び♪

⑪ゴール

このまま終わってほしい…
⑫得点ボード

バンザイ!試合終了
⑬歓喜2

J2昇格確定(ウルウル…)
⑭J2昇格確定

三浦泰年監督も、感無量☆☆☆
⑮三浦監督

ホーム最終戦のセレモニーを待つ間…
早速、号外!!(さずが!地元紙!早い~)
⑯号外

セレモニーでは、鹿児島県知事さん、鹿児島市長さんも、
とっても喜んでいました(^u^)
「今年(平成30年)は、明治維新から150周年という大きな節目の年」
にJ2昇格が決まって、めでたいめでたい(^^)
⑰セレモニー

翌朝の新聞↓は、さすが~地元紙 ♪♪ 【一面トップ】 です!!
⑱昇格朝刊

やっぱり、生で見る試合は ドキドキワクワク 面白いです(^∇^)ノ

J2での活躍を願って、ぜひみ~んなで会場に足を運んで
応援しましょうね~(^◇^)♪/

指宿よかとこ

こんにちは こてつです

みなさま、鹿児島の指宿 ご存知ですか?
「砂むし温泉」が有名なところです。
久しぶりに指宿方面に2回行って、ちょっと楽しかった~♪ のでご紹介(^^)

●「たまて箱」
 指宿に行くには、鹿児島市から車か電車です。
 移動には車が便利!ですが、たまには電車も♪
 「特急 指宿のたまて箱」(全席指定)がおススメです。

 車体は、~「半分、白い」 ~です(^◇^)
①たまて箱

 車内は、木がいっぱい♪   (床がちょっと、、でも、味ってことで ^^)
②たまて箱車内

 車内で食べた 「黒ごまぷりん」♪ こちらも白黒!美味しかったですよ
③黒ごまぷりん


●知林ヶ島~ちりんがしま~
 鹿児島湾(錦江湾)に浮かぶ「無人島」です。
 (↓は、●魚見岳 ~うおみだけ~から見た知林ヶ島)
④ちりんがしま

 3月から10月の干潮時には、
 長さ約800mの「砂の道」が出現!! 歩いて渡ることができます。
 (砂の道の愛称は 「ちりりんロード」)
 島と陸とを「結ぶ」ことから、知林ヶ島は「縁結びの島」とも言われ・・・
 ちょっと人気みたいです(^u^)
⑤ちりりんロード

 もし島に渡りたい方は、事前に下記HPで 砂州出現予測 をご確認くださいね。
   いぶすき観光ネット www.ibusuki.or.jp/tourism/view/chiringashima/


●指宿 休暇村
 知林ヶ島に渡った後は、「指宿 休暇村」の温泉へ♪
 (渡り口から近い所にあります。)
 指宿名物「砂むし温泉」&「温泉」でゆっくり♪
 ハンモック&足湯でも、のんびり~
 最高!!でした(^.^)
⑥指宿休暇村


●薩摩伝承館 ~さつまでんしょうかん~
 『「ここに来れば薩摩が分かる」をコンセプトに、世界に誇る日本の伝統美と薩摩の歴史や文化の名品、逸品を展示』
 しているそうです^^
⑦薩摩伝承館
⑧薩摩焼き

 ちなみに、薩摩焼には「白薩摩」と「黒薩摩」があるんです。
 白薩摩は、温かみのある白地に美しい絵付けをしたものです。

 実は、なんと!!第2回 パリ万博1867年、慶応3)に
 薩摩藩は独自に(※江戸幕府とは別に)出展しています。
 ヨーロッパで絶賛されて、世界に「SATSUMA」の名で知られるように!!
 とても人気が高く、「京薩摩」等も作られて輸出していたみたいですよ~。

 ボランティアの方に説明していただきながら、美しい焼物をゆっくり鑑賞できました(^-^)
 (中国の「チキンカップ」もありました。知る人ぞ知る?)

 (おまけ) ちなみに、1867年(慶応3)は、江戸末期の大政奉還(たいせいほうかん)の年でした。
        (第15代将軍徳川慶喜が、明治天皇に政権返上をした年)
        おお「西郷どん」の時代ですね~(^^)


●番所鼻自然公園 ~ばんどころばなしぜんこうえん~
 (薩摩藩の番所があったことから、番所鼻。
 指宿からはちょっと離れた頴娃町にありますが、お車なら…)

 日本地図作成のために立ち寄った「伊能忠敬」さんが
   「天下の絶景なり!」 
 と賞賛した景勝地です。
 開聞岳が一望でき、美しいです(^o^)
⑨番所鼻伊能忠敬

↓潮が引いている時はグルリと一周歩くことができます。
⑩番所鼻


いかがでしたか?
指宿が初めての方も、久しぶりの方も、ぜひ楽しんでみてくださいね~♪

夢をかなえる

こんにちは、コテツです。

みなさま、平昌オリンピック楽しんでますか~?(^.^)

金メダル、銀メダル、銅メダル…
「夢をかなえた」選手も、残念だった選手も、み~んなに!
感動しちゃいます。まだまだ楽しみですね!

ところで、「夢をかなえる」つづきで、面白い本のご紹介です。
ホントは、読み終わってから…の紹介予定でしたが、
オリンピックの応援で中断中~(^^)

ま、いっかな~って事で、冒頭の面白い部分を紹介


なんと「易経」!です。

「へっ?易経??って何~?」と思われますよね。

もちろん、コテツもわかりません!! なので本の帯より

 『約5千年前に書かれた世界最古の書の一つと言われる「易経」
  「君子占わず」の言葉どおり、
      (中略)
  「易経」をよくよく読めば、
  物事への対処法が自分で見つけられます』


何だが難しそう…です。でも、この本は
 【夏休みの宿題「将来の夢」の作文がなかなか書けない小学5年生】
「乾太(けんた)くん」が主人公。

わかりやす~~~く書いてあります!!!

小学生から大人まで、「夢をもつってどういうこと?」
を「へ~~~!」って読めます(^^)

易経


では、冒頭部分の「龍」のお話しを簡単にご紹介(^-^)

 ・夢をもつってどういうこと(潜龍 せんりゅう)
    深い水のなかに潜み隠れている龍です。夢のたまごを大事に抱いています。
    いつか大空を飛んで人びとをしあわせにする夢を見ているのかな。


 ・夢をかなえるために、何からはじめたらいい?(見龍 けんりゅう)
    飛龍が見龍の先生。『教えてください』ってお願いして、
    教えられたことをよくよく見て、基本を何度も練習。
    そうか、先生のまねをするって大切なことなんだ…。
 

 ・がんばるってどういうこと?(乾惕 けんてき)
    乾(けん)は前へ前へと進む、惕(てき)は反省するの意味。
    失敗したときも、うまくいったときも、
    毎日反省して、よりいっそう工夫して、やりつづける。


 ・夢をかなえる?あきらめる?(躍龍 やくりゅう)
    躍は跳躍、飛びあがる、飛びはねる龍。
    何度もジャンプして、力つきて淵に落ちて、またジャンプ。

    夢をかなえるいちばんの原動力は、
    人の役に立ちたい、人びとをしあわせにしたいという思い。
    それが大空へ飛びあがる力になる。
    たんと力をたくわえて、準備して、今度はうまくいくかな。


 ・夢をかなえるってどういうこと?(飛龍 ひりゅう)
    躍龍はついに大空を飛んだ!
    雨がザ―ザ―とふってきて、たくさんの人によろこばれている。
    夢をかなえるってすてきなことなんだ。

    飛龍になっても、人の役に立ちつづけるために、毎日、毎日学ぶんだよ。
   
    飛龍はいつも雲といっしょ。
    雲という「なかま」とともにいるから、雨をふらせることができる。

    もし、飛龍のまわりに雲がいなくなっちゃったら、どうなるんだろう?
    え--!飛龍も淵に落ちちゃうの?


 ・夢をかなえたら、次はなにをするの?(亢龍 こうりゅう)
    飛龍はえらくなりすぎたらいけないんだ。
    飛龍は、雲にしたわれて、雲に覆われているから人の役に立てる。
    自分がいちばんえらい!と思いこんで雲をけっていたら、雲はにげてしまう。

    亢龍は、おごりたかぶった龍。もう雨を降らすことはできない。落ちていく・・・。

    亢龍にならないためには、まわりの人がしあわせでいるか、よく見ること。
    よく見て、よく聞いて、まちがっていないかな、いばっていないかなと気をつける。


ここから後は、「乾太(けんた)くん」の日常でお話が進んでいきます。
親子で読むのもおススメです!
お母さんが、お子さんに読んであげるのもいいかも~(^^)

「将来の夢」や「今後の進路」に困った時にも、ぜひ~!!

ちなみに、この本は「陽の巻」
つづきに「陰の巻」もありますよ♪

カブトムシだけど、でんしろう!?

こんにちは、コテツです(^^)

運動会シーズンの秋ですね~
ちょっと季節はずれですが…、来年の夏休みに向けて??
コテツが参加した「夏のバスツアー」の紹介です。

行き先は、鹿児島湾の東側、
大隅半島 「錦江町」の【田代】↓↓
①地図

鹿児島中央駅に集合して、バスに乗り
垂水フェリーへ

★垂水フェリーの「うどん」
  
  【鹿児島湾のフェリー】
   鹿児島湾の薩摩半島と大隅半島を結ぶフェリー
   桜島フェリー(15分くらい)と垂水フェリー(40分くらい)は、
   どちらもフェリーの中で食べる「うどん・そば」が人気です(^^)

  という事で、朝ごはんはもちろんフェリーのうどん!
②うどん
  やっぱり美味しい♪

★ニジマス釣り
  釣りは、ほぼ初めて!

  見えてるけど…なかなか釣れない…やっと釣れました!
③釣り

★そうめん流し
  かごしまの「そうめん流し」はくるくる回ります。 
  釣ったニジマスは、早速焼いて、いただきました!
  おいしい~最高
④ニジマス

★花瀬川
  田代のゆるきゃら「でんしろうくん」が出迎えてくれました(^^)
⑤花瀬川

  【花瀬川の石畳(はなぜがわのいしだたみ)】
   花瀬川は、大隅南部県立自然公園「花瀬」の指定地域に流れており、
   川床は約2kmにわたる千畳敷の石畳で有名です。岩盤には割れ目があり、
   水が白く波が立つ様子を花に見立て、「花瀬」と名付けられました。

  だそうです(^.^)

★落花生堀り
  畑の落花生をどっこいしょ!と引き抜きます。
  みなさん、知ってました?落花生は、土の中にあります(^^)
⑥落下生

★カブトムシ・クワガタ採捕り
  みんなの一番のお目当は、カブトムシ捕り!
 
  でも、ガーン!!
  本日は、スズメバチがいた…との事で、
  残念ながら森に入れず…


  でも、大丈夫!!
  スタッフの方々が事前に捕まえてくださって
  カブトムシ&クワガタ
  たくさ~んいただきました(^.^) 
 (あ、写真忘れてた… 代わりに↓(^o^))
⑦でんしろうクワガタ

★垂水フェリーの「そば」 
  夕方の帰りも垂水フェリー
  もちろん??今度は、そば!


帰宅してからは、早速 落花生を塩ゆでして
⑧ゆで落花生
大変美味しく♪♪♪いただきました!

実は…コテツの一番のお目当ては、これ
採れたてなので、最高でした~(^o^)/

ツアーは毎年開催されているみたいですので、
興味のある方は来年の夏、ぜひ!!


そうそう、カブトムシだけど「でんしろうくん」
謎は??
 
田代(たしろ)だから別読みで、田(た)は「でん」で、代(しろ)
「でん」「しろ」

なるほど~~♪ でした(^^)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゆくさきやした
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR